パキシルの注意事項

パキシルはSSRIタイプの抗うつ剤として1番効果が高く、1番副作用も高い薬です。
そのため用量は必ず守るなど服用時には注意が必要だと言えます。特に副作用の症状や離脱症状については必ず知っておくべきだと言えます。

パキシルの副作用の症状

パキシルはSSRIの一種で脳内物質に作用するため、うつ病の治療に効果的な反面、副作用も大きくなります。
特に飲み始めの初期の段階では、身体が薬の作用に慣れていません。
そのため、眩暈やフラつき、吐き気や睡眠障害、体重増加や性機能障害などの症状の発生率が高いと言われています。
初期症状の場合は、1週間程度で身体が慣れて症状が軽減するケースも高いので、まずは様子をみて下さい。

ですが明らかに身体に重度な異変がある、副作用が我慢できないぐらい辛いという場合は体質に合わない可能性があるので医師に相談するようにして下さい。
パキシルを服用する人の中には、服用後にあまりに副作用が強いため服用を勝手に中止してしまう人がいます。
ですが服用している薬を急に中断すると、今度は副作用だけでなく離脱症状まで起きる可能性があります。
そのため少量から飲み始め、服用を中止する時も徐々に量を減らす必要がある事を忘れないで下さい。

パキシルの離脱症状

離脱症状とは、薬の服用を急に止めた場合に起こる症状です。
なぜこのような症状が起きるのかというと、薬の血中濃度が急激に下がるため、身体が変化に対応出来ないためです。
症状としては、耳鳴りやめまい、フラつきなどまるで副作用と同じような症状が現れます。

つまりパキシルの副作用が辛く、急に服用を中止しても副作用によく似た症状が現れる訳ですから、どっちにしても辛いと言えます。そのため薬の成分に身体を徐々に慣らしていく必要があるため、服用を中止する時にも、時間をかけて減薬を行う必要があります。

関連する記事