パキシルは1番効果が高く1番副作用が強い

パキシルという薬を知っていますか?うつ病で処方される抗うつ剤の一種です。
効果的な薬の反面、強い副作用と依存症が高い事で服用時には注意が必要な薬と言えます。
そのため服用時には、必ず医師からの注意事項を守るようにして下さい。

パキシルってどんな薬?

抗うつ剤はいくつかのタイプに分類され、パキシルはSSRIのタイプに属する薬です。
SSRIのタイプは、脳内物質のセロトニンの濃度を上げる作用があり、セロトニンが脳内で増えるためやる気や意欲をアップさせる事でうつ病を治します。

うつ病に対して心の病気だからとカウンセリングで治療をするケースもありますが、治療には時間がかかります。
対して抗うつ剤による薬物治療の場合は、うつ病の原因である脳内物質の減少を補うため早期治療が期待出来ます。

一般的にSSRIの薬は副作用が少ない薬が多いのですが、パキシルは副作用が強い薬なので他のSSRIと同じような感覚で服用すると驚くかもしれません。

パキシルが処方される状況

抗うつ剤を服用する際に、最も気になる事は薬の効果で、次に気になる事は副作用の大きさです。
パキシルの場合は、SSRIタイプの中で最も効果が高いものの、最も副作用が大きい薬でもあります。
そのため、うつ病と診断されて、治療開始の初期の段階で処方されるケースは少ないと言えます。

なぜならいきなり強い薬を飲むと、身体へのリスクが大きいからです。
まずは副作用の少なく安全性の高い抗うつ剤を処方し、その効果を確認します。
効果が現れないようなら、徐々に効果の高い薬を段階的に処方していくというのが一般的な治療法だと言えます。

そのためパキシルが処方された場合は、重度のうつ病か、抗うつ剤が体質に合わずなかなか効果が実感出来ず治療が長期に及んでいる状態での処方となります。

関連する記事